撮影:Y.niisan さん @Y_Niisan

利用規約

本ページでは注意事項と共に禁止行為等を記載しています。
撮影会への参加は当規約全てに同意したものとみなします。
楽しい撮影会を末永く維持できるよう、ご理解とご協力をお願いいたします。


* 参加資格 *

1.カメラが好きであること
2.写真を綺麗に撮りたいと思っていること
3.ポートレート撮影が好き、または、興味があること


* 禁止行為 *

1.当撮影会の意図しない目的での参加
2.周りに迷惑をかける行為
3.良識に欠けている方の参加


* お願い *

屋外での撮影会は『フォトウォーク』や『お散歩フォト』と呼ばれるカメラ手持ちの撮影を前提に撮影場所の許可申請"要/不要"を確認して開催しています。小さな三脚やレフ板でも事前に手続きが必要になることもあるので、機材を使用する撮影を希望される場合は、敷地管理者へ直接申請を行っていただくか、本ページ下方の問い合わせフォームよりご相談、または、ツイッター公式アカウントまでDMにてお問い合わせください。

1.参加申込・当日の受付・キャンセルについて


a.撮影会告知と申し込み 

各開催情報ごとにSNS等でご案内いたします。


b.当日の受付 

5分前には集合場所にお集まりいただき、予約の確認・受付を済ませてください。


c.キャンセル 

自己都合の場合は、当日・前日は100%、~3日前70%、~5日前50%をキャンセル費として申し受け、決済額から差し引いた金額を振込でお返しします。ただし、PassMarket利用料、コンビニ決済手数料、振込手数料は別途ご負担いただく形になります。

※手数料を差し引いた金額が1円未満になる場合、ご返金はありません。

天災や公共交通機関の影響等(軽微な電車の遅延や渋滞は含みません)で開催・参加が困難な場合、また、モデルの体調不良や公的機関からの命令等が原因で予定通りの開催が出来ない場合は、当日の時間変更や後日の撮り直しの他、無償キャンセル等の方法で臨機応変に対応いたします。なお、撮影者の過失なく催し当日に撮影会側の都合で開催ができないことが判明した場合は、首都圏からのご参加に限り普通席旅客運賃を上限に交通費を補償します。※早朝や深夜枠の撮影に申込された場合でも宿泊費の補償はありません。お車でご参加の場合でも電車・路線バスの運賃で補償いたします。


d.悪天候等による中止 

原則として屋外の撮影であっても雨天決行です。ただし、台風の接近等で荒天が予想される場合や警報レベルの雨や雷、竜巻等で開催が困難と事前に予想される場合は、その程度に応じ、中止(返金)や場所の変更、または後日開催を判断し速やかにご連絡差し上げるよういたします。

開催後にゲリラ豪雨に見舞われるなど、撮影会がスタートしてからの状況変化については、原則として会を続行することにしていますが、事前の中止措置同様にその程度は十分に考慮し、当日の参加者(撮影者・モデル・主催者)間で協議、検討のうえ最終判断するものとします。

なお、撮影開始後に天候不良等が原因で中止や再開催になった場合、交通費の補償はありません。



2.禁止行為


a.モデルが嫌がる行為全般。 

モデルが嫌がる撮影スタイルの強要は全て禁止行為となります。

本項に抵触するかどうかはモデルの性格や経験、もっと言えば当日の天気や気温、諸々のコンディションによっても許容範囲が異なるため、規約内で個別の例を挙げて禁止行為を定義することはせず、その行為が『嫌』かどうかはモデルの判断に委ねていますので、顔色や反応と相談しながら撮影を進めてください。このコミュニケーションこそが風景や物撮りには無い醍醐味と捉え、それも含めて存分に撮影会をお楽しみいただければと思います。

※触る・極端なローアングルは嫌がらなくても当撮影会においての厳重禁止行為です。本項に定める内容は常識の範囲でご理解いただければ十分と考えています。

その他に、撮影エリア外に連れ出す行為、車内や個室内に連れ込む行為、スタッフが容易に立ち入ることが出来ない状況を作る行為など、モデルが身の危険を感じてしまう状況であったり、何をされるか分からないとスタッフが感じてしまうような行為は全て禁止です。仮に観覧車の中で撮ってみたい場合などは、必ず申し込み前にその可否についてご相談ください。

限界ギリギリを狙う撮影や特殊なメイクをご希望の場合、希望する撮影が規約に抵触する可能性があると思う場合は、通常撮影には参加をせず、リクエスト撮影でそれが可能かを事前にご確認の上お申し込みくださいますようお願いいたします。

※当撮影会では『ギリギリを狙う撮影』、『極端なローアングル』を以下のように定義しています。

・モデルが思わず一歩引く、腰を引いてしまう角度。

・故意に下着を狙っているとスタッフが判断する角度。

『中が写らない角度』でも、その角度が故に少しの風が吹いただけでも見えてしまいそうな場合は、スタッフまたはモデルより注意を促します。 この時点で禁止行為があったと見做すことはありませんが、指示があった場合は一歩譲った撮影スタイルに変更いただきますようお願いいたします。


b.引き抜き。 (関係者の方へ)

関係者・スカウトの方は 問い合わせフォーム からご連絡ください。

当撮影会には大手プロダクションとの契約を夢見て活動しているモデルもいます。GEP撮影会ではその支援活動もしていますので、 原則として正規の手続きを経て転籍することは禁止行為ではありません。

ただし、当撮影会を通さずに接触・交渉する行為はモデルとの契約で禁じていますので、必ず運営を通してご相談いただきますようお願い申し上げます。


c.当撮影会を通さない個人撮影依頼をすること。

この手の話をした時点で撮影会は即中止(返金無し)となり、以後の参加はお断りさせていただきます。

禁止行為と理解していても隙をついて話を持ち掛け、見つかったら「冗談のつもりで」という聞き苦しい言い訳で凌ごうとする方がおられるのも事実ですが、 当然ながら冗談では済まされない禁止行為ですので軽率な言動にはご注意ださい。


d.許諾範囲を超えて写真(動画や名称等含む)を利用する行為

 ※意図しない写真をWEB上に公開する行為他、どう見ても失敗の変顔写真や卑猥な写真の公開(使用)は厳禁です。

半目・意図せず下着の一部が写ってしまった写真等は、本人の名誉のためにも公開せずにそっと削除してあげてください。



3.撮った写真、画像データの取り扱い


a.使用許諾

当撮影会で発生する写真や映像は、個人で楽しむことを前提に利用を許可しています。
営利目的でない良識の範囲に限定し、個人HPやSNSで自由に公開いただくことも当規約において許諾します。
※その際、当撮影会およびモデル名の記載(タグ付け等)をお願いしています。
当撮影会・モデルを紹介する文章やリンクなどの一言を添えていただけますと幸いです。
芸術作品としての出展も原則として許可していますが、出展先についてはご一報をお願いいたします。

また、特に指定が無い場合は、用途を『当撮影会および出演モデルのPR』に限定する形で、都度の許可を得ずに作品をお借りすることに同意をいただいています。主な掲載先は当ホームページやチケット販売ページのイメージ画像、各種SNSでの利用です。出版物や写真そのものの販売を目的に、無許可で利用することは一切ありません。

使用の全面禁止やタグ付けをしないなどの指定がある場合、また作品ごとに掲載可否の指定がある場合は、お手数ですが予め運営までその旨をご指示いただきますようお願い申し上げます。

※掲載先許容(指定)サイズの関係で画像の一部がカットされてしまうことがありますが、故意にウォーターマークを消すようなトリミングを行うことは一切ございません。


b.権利の帰属

本撮影会で発生する、所属モデルの肖像権・肖像財産権(パブリシティ権)・他一切の被写体としての権利は本撮影会に帰属しています。
また当撮影会所属でないゲストモデルの各権利についても、撮影者は所属モデル同様に扱うようご留意ください。
著作権は撮影者に帰属しますが、以下の使用を当規約では禁じています。
・当撮影会およびモデルの名誉を棄損する。または、棄損するおそれのある使用
・商用利用、二次的著作物への利用
・許諾範囲を超えたSNSや個人HPでの公開
・その他一切の当撮影会が許可しない利用
※広告などの商用利用を希望される際は、問い合わせフォームよりご相談ください。

モデル達も、素敵な写真がSNS等で拡散されると知名度が上がる効果を実感していて、その作品を巧みに仕上げてくれる撮影者の皆様に感謝しています。 ご参加いただけるカメラマンとの新たな出会い、モデルとしてのさらなる飛躍に期待し、より多くの方に認知してもらえる環境への掲載を望んでいますので、上記踏まえた許可の範囲内であれば掲載前の連絡・相談は必要ありません。

※未成年モデルについてはこの限りではありません。

3.未成年モデルの撮影について 

当撮影会では未成年者も在籍・活躍することが可能となっております。

ただし、警察や専門家と相談した上で、神奈川県青少年保護育成条例に『余裕をもって一切抵触しない範囲でのみの活動』と限定していますので 、特に18才未満・現役高校生以下のモデルを撮影する際は、節度ある格好いいカメラマンに徹するようご協力願います。

※未成年モデルが安心して活動できる場を提供するため、スタッフもより厳重に撮影を見守っています。その際に、 スタッフが撮影会の継続は危険と判断した場合は撮影会を即中止し、警察および保護者への連絡など必要な措置を講じます。

4.規約変更とその適用について 

当撮影会規約は、その時代の背景・社会通念に合わせて随時変更していくことを前提として作成され、当撮影会側の判断で予告なく変更になる場合があります。

それに伴い、過去に撮影会参加された方も、遡って最新の規約が適用されることにご了承いただいております。

なお、この条項は法改正や新たな条例の制定により『合法/非合法の定義』が変更された場合に適宜速やかに対応したり、 撮影会運営において重大事故が発生した際に、以降同様の事故が起きぬよう対策することを目的としているため、 撮影会・参加者のどちらか一方が著しく不利益を被る規約の変更に適用されるものではありません。

※本項の趣旨、指し示す事象の一例

1) 未成年の定義が変更となった

2) 未成年者の出演ルールが厳格化され、以前なら容認の作品が否認の対象となり、HP・SNS上の当該画像の削除をお願いする運びとなった

3) 瞳に写る建造物から所在が特定された事件のように、この事業において起き得る運営側として然るべき対処が必要な事案が発生した

4) 公的機関から規約を変更するよう指導があった

上記は一例ですが、これらの事態を想定し、また滞りなく適宜対応出来ることを目的に本項を定めています。